メタル 歴代 おすすめアルバム|メタル アルバム ランキング

(本サイトには、プロモーションが含まれています)

メタル 歴代 おすすめアルバム|ローリングストーン誌が選ぶ歴代最高のメタルアルバムの紹介

今回は、ローリングストーン誌で、「歴代最高のメタルアルバム100選」から、ベスト10を紹介しながら、自分たちのメタルのおすすめアルバムを紹介していきたいと思います。

メタルが嫌いな人にとっては、なんで、あんなうるさい音楽が好きなのかと思うかもしれませんが、メタルの中にも色々なジャンルがあり、メタルの誕生してきた背景や、様々なジャンルを知ることで、メタルの良さが分かってくるかと思います。

そのため、毛嫌いせずに、最後まで記事を読んでもらえればと思います。

メタルに興味があるけど、どのアルバムから聞けば良いのか分からない方や、おすすめのメタル アルバムを知りたい方に、役立つ記事になっています。

ローリングストーン誌 歴代最高のメタルアルバム

まずは、ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のメタルアルバム100選」から、ベスト10を紹介します。

第10位
パンテラ『Vulgar Display Of Power』

ken
アンセルモのデスボイス、ダレルのザクザク・ギター、ジャケット全てが暴力的で、パンテラの凶暴さが表れたアルバムだな。
kat
地を這うような重低音のグルーヴ感や、ザクザクうねっているギターが凄いね。このサウンドには、デスボイスがあっているね。

ジャンル:グルーヴ・メタル

概要
パンテラは、結成当時は、キッスやヴァン・へーレンのコピーバンドをやっていましたが、ボーカルがフィル・アンセルモに代わってから、徐々にパワーメタルに変化していきました。次作「Far Beyond Driven」も破壊力がすごく、「Vulgar Display Of Power」を更にパワーアップさせたサウンドで、全米1位を獲得しました。「Far Beyond Driven」も、ぜひ聞いてもらいたいアルバムです。尚、「Far Beyond Driven」は、この「ローリングストーン誌 歴代最高のメタルアルバム」の中では、39位にランクインしています。残念ながら、ボーカルのフィル・アンセルモは、2004年12月のライブ中に、暴漢に銃で打たれて、他界してしまいます。

第9位
オジー・オズボーン『Blizzard Of Ozz』

ken
オジー・オズボーンのファーストアルバムだな。ランディー・ローズのギターの上手さが光っているアルバムだな。
kat
このアルバムは、様式美のあるハード・ロックのアルバムだね。ランディー・ローズは、このアルバムから開花したね。

ジャンル:ハード・ロック

概要
メタルの帝王オジー・オズボーンの最高傑作であり、ハードロックの中でも名盤に挙げられるアルバムです。ブラック・サバス脱退時のオジー・オズボーンは、ドラッグ中毒の状態で、ソロ活動できるのか疑問を持たれていました。そのような中、こんなに素晴らしいアルバムを作れたことは奇跡的に思えます。オジー・オズボーンは、もちろん凄いですが、ギターのランディ・ローズの貢献が大きかったと思います。ランディ・ローズのギターは、クラシック・テイストのギター・プレイが特徴で、独特のオーラを放っています。ランディ・ローズは、1982年飛行機墜落事故で他界してしまいます。

関連記事

(本サイトには、プロモーションが含まれています)オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne) 全アルバム ランキング|おすすめアルバム前回は、Black Sabbath(ブラック・サバス) 全アルバム ランキングをしました[…]

第8位
メガデス『Peace Sells … But Who’s Buying?』

ken
メガデスのアルバムの中で、最もスラッシュメタルしているアルバムだな。このアルバムと「RUST IN PEACE」は、スラッシュメタルの中でも名盤に挙げられるアルバムだな。
kat
メガデスは、他のスラッシュ四天王「メタリカ」「スレイヤー」「アンスラックス」のスラッシュ・メタルとは異なり、インテリさのあるスラッシュ・メタルを展開しているね。

ジャンル:スラッシュ・メタル

概要
メガデスは、メタリカを解雇されたデイブ・ムステインが中心となって結成され、スラッシュ四天王として有名なバンドです。初期のアルバムはスラッシュメタルしていますが、5枚目のアルバム「COUNTDOWN TO EXTINCTION」あたりから、スラッシュメタル感が薄くなっていきます。メタリカと同様、サウンドの変化が激しいバンドです。本作は、メガデスのセカンドアルバムで、攻撃的なザクザクギター、畳み掛けてくるドラムなどスラッシュメタルを代表するアルバムです。4作目のアルバム「Rust In Peace」もおすすめで、「Rust In Peace」には、日本のタレントでも有名なマーティ・フリードマンが参加しています。

関連記事

(本サイトには、プロモーションが含まれています)Megadeth(メガデス) 全アルバム ランキング前回は、メタル・マスター Metallica(メタリカ)の全アルバムランキングをしましたので、今回は、4大スラッシュ・メ[…]

第7位
モーターヘッド『No Remorse』

ken
このアルバムは、1984年のモーターヘッドのベストアルバムだな。モーターヘッドは、大音量の高速メタルで、どのアルバムもサウンドにブレがないな。
kat
モーターヘッドは、どの曲も常に暴走しているから、ベストアルバムから聞いていくのがいいね。

ジャンル:ハード・ロック

概要
モーターヘッドは、ジャンル分けが難しく、メタルでもなく、パンクでもなく、暴走するロックンロールというのが一番適している表現かもしれません。ベースとボーカルのレミー・キルミスターを中心としたバンドで、レミー・キルミスターのボーカルは、だみ声で、すごい上手いというわけではないですが、モーターヘッドのサウンドに合っています。レミー・キルミスターは、2015年に癌で他界しました。

第6位
スレイヤー『Reign In Blood』

ken
スラッシュ四天王「スレイヤー」の最高傑作のアルバムだな。スラッシュメタルを代表するアルバムだな。
kat
このアルバムは、スラッシュ・メタルの「高速、危険、怖い」の3Kを、最も満たしているアルバムだね。

ジャンル:スラッシュ・メタル

概要
このアルバムは、スレイヤーの3枚目のアルバムで、歌詞が過激すぎて、アメリカとイギリスでリリース拒否され、発売が危ぶまれたアルバムです。「ANGEL OF DEATH」は、ヒトラーの時代のアウシュヴィッツで人体実験を行っていたナチス親衛隊の将校ヨーゼフ・メンケレについて歌われた曲で、アメリカとイギリスでリリース拒否されたことがよく分かります。30分足らずのアルバムですが、全ての曲が、疾風怒涛の過激さを持ち、最後まで休む暇がありません。

第5位
ブラック・サバス『Black Sabbath』

ken
ブラック・サバスのデビューアルバムで、不気味なジャケットと、13日の金曜日に発売されたことで有名なアルバムだな。
kat
イントロの鐘の音から不気味さを感じるね。オジー・オズボーンのボーカルが、この不気味さを増長させているね。

ジャンル:ハード・ロック

概要
ブラック・サバスは、ギターのトニー・アイオミのヘビーなギター・リフと、オジー・オズボーンののっぺりとした浮遊するような独特のボーカルが、特徴的なバンドです。本作は、ブラック・サバスのデビューアルバムで、重々しく沈みこむようなスローテンポのサウンドは、ドゥーム・メタルの走りになっています。ヘビーメタルの原点にもなったアルバムとも言われています。

関連記事

(本サイトには、プロモーションが含まれています)Black Sabbath(ブラック・サバス) 全アルバム ランキング|名盤とおすすめアルバム前回は、HR/MHのジャンルから、ヘビーメタルの大御所Iron Maiden(アイアン[…]

第4位
アイアン・メイデン『The Number Of The Beast』

ken
メタルの王者アイアン・メイデンのアルバムだな。今のアイアン・メイデンは、大作の曲が多いが、このアルバムの時代は、ギター・リフのカッコ良い短い曲が多いな。
kat
アイアン・メイデンは、3回ボーカルが変わっているけど、このアルバムのボーカル ブルース・ディッキソンが、一番アイアン・メイデンに合っているね。

ジャンル:ヘヴィ・メタル

概要
アイアン・メイデンは、1970年代後半のイギリスで勃発した音楽ムーブメント(NWOBHM(New Wave Of British Heavy Metal)の代表的なバンドで、アルバムの総売り上げは、1億枚以上と、今では、ヘヴィメタル界の王者の風格を持っています。本作は、アイアン・メイデンの3枚目のアルバムで、ボーカルが、ポール・ディアノから、ブルース・ディッキソンに代わり、キャッチーな曲が増えました。最近のアルバムは、長く冗長な難曲が多いですが、この時代のアイアン・メイデンは、テクニカルなキャッチーな曲が多いのが特徴です。本作の中の「The Number Of The Beast」「Run To The Hills」「Hallowed Be Thy Name」は、アイアン・メイデンのライブで定番になっているアイアン・メイデンの代表曲です。

関連記事

(本サイトには、プロモーションが含まれています)Iron Maiden(アイアン・メイデン) 全アルバム ランキング|名盤、おすすめ アルバムの紹介今回は、HR/MHのジャンルから、ヘビーメタルの大御所Iron Maiden(ア[…]


ジューダス・プリースト『British Steel』

ken
メタル・ゴッドことジューダス・プリーストのアルバムだな。このアルバムは、シンプルなヘビー・メタルなアルバムだな。
kat
中期のジューダス・プリーストを代表する1枚だね。ジャケットの剃刀のように鋭いアルバムだね。

ジャンル:ヘヴィ・メタル

概要
ジューダス・プリーストは、「メタルの中では珍しい短髪」のロブ・ハルフォードがボーカルで、レザー&スタッドのメタルのイメージを作ったバンドです。ロブ・ハルフォードのボーカルは、4オクターブ以上のハイ・トーン ボーカルが特徴で、凄まじいものがあります。本作は、ジューダス・プリーストが、アメリカへの本格的な進出を図ったアルバムです。

関連記事

(本サイトには、プロモーションが含まれています)Judas Priest(ジューダス・プリースト) 全アルバム ランキング|最高傑作とおすすめアルバム前回は、メタルの帝王オジー・オズボーンの全アルバムランキングをしましたので、[…]


メタリカ『Master Of Puppets』

ken
このアルバムは、初期メタリカの代表作で、スラッシュメタル感が最も出ていて、芸術性の高いアルバムだな。
kat
初期メタリカのアルバムでは、このアルバムが最高傑作だね。

ジャンル:スラッシュ・メタル
概要
スラッシュ四天王のメタリカは、メガデスと同様、サウンドの変化の激しいバンドで、初期のアルバムは、スラッシュ・メタル、中期のアルバムは、ヘヴィー&グルーヴィー、後期のアルバムは、スラッシュ・グルーヴィーとサウンドを変化させてきています。本作は、3枚目のアルバムで、スラッシュ・メタルのアルバムの中で頂点に位置付けられるアルバムです。特に、「Battery」や「Master of Puppets」は、本作の中でも疾走曲のカッコ良い作品で、メタリカの定番曲になっています。


ブラック・サバス『Paranoid』

ken
ブラック・サバスのセカンド・アルバムで、後世に与えた影響力が大きいアルバムだな。
kat
ベスト10内にブラックサバスのアルバムが2枚、オジー・オズボーンのアルバムが1枚入っていることから、オジー・オズボーン時代のブラックサバスが評価が高いということだね。

ジャンル:ハード・ロック
概要
オジー・オズボーン時代のブラックサバスは、1枚目〜4枚目のアルバムであれば、どれが1位になってもおかしくないほど素晴らしい出来のアルバムです。5枚目以降は、サウンドが変化してきて賛否両論のアルバムになっていきます。尚、この「ローリングストーン誌 歴代最高のメタルアルバム」の中で、ブラック・サバスのアルバムは、1枚目「Black Sabbath」は5位、3枚目「Master of Reality」は34位、4枚目「Vol.4」は14位に、ランクインしています。この「Paranoid」は、前作の「Black Sabbath」と同様、トニー・アイオミのヘビーなギターリフを中心としたコンパクトな曲で構成されています。「War Pigs」「Paranoid」「Iron Man」は、ブラックサバスのライブの定番曲になっています。

関連記事

(本サイトには、プロモーションが含まれています)Black Sabbath(ブラック・サバス) 全アルバム ランキング|名盤とおすすめアルバム前回は、HR/MHのジャンルから、ヘビーメタルの大御所Iron Maiden(アイアン[…]

元ネタ ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のメタルアルバム100選」

kenとkatのおすすめアルバム

次は、自分たちのおすすめメタルアルバムを紹介します。

katのおすすめアルバム3選

katのおすすめ1
メタリカ『METALLICA』

ジャンル:ヘヴィ・メタル

概要
「ローリングストーン誌 歴代最高のメタルアルバム」の中では、本作は25位にランクインしています。初期のメタリカのスラッシュ・メタルとは違い、ヘヴィネス・グルーヴなサウンドで、ギター・リフがかっこよく、バラードも優れているアルバムです。メタルが苦手な人でも聞けるアルバムであるため、未聴の人は、是非聞いてほしいアルバムです。

katのおすすめ2
Angra『Temple Of Shadows』

ジャンル:スピード・メタル

概要
Angraは、スピードメタルにジャンル分けされているブラジルのバンドです。本作は、11世紀の十字軍を描いたコンセプトアルバムで、メタルのアルバムの中で、こんなにメロディアスなアルバムは聴いたことがなく、クラシック要素が入った様式美のあるアルバムです。ブラジルといえば、ボサノバの音楽しか思い浮かびませんが、ボサノバもメロディアスであるため、ブラジルはメロディアスな曲が多いのかもしれません。

katのおすすめ3
Dream Theater『Metropolis Pt.2:Scenes from a Memory』

ジャンル:プログレッシブ・メタル

概要
ドリームシアターは、プログレッシブ・メタルを確立させたバンドで、演奏技術がとても高いバンドです。本作は、「ローリングストーン誌 歴代最高のメタルアルバム」のランキング95位にランクインした「Images And Words」の収録曲「Metropolis Pt.1」の続編となるコンセプトアルバムです。曲の良さ、ボーカルの歌唱力、演奏技術、全てが優れており、名盤「Images And Words」に、負けじ劣らずのアルバムです。

kenのおすすめアルバム3選

kenのおすすめ1
ジューダス・プリースト『Paintkiller』

ジャンル:ヘヴィ・メタル

概要
ローリングストーン誌のランキングに、なぜかランクインしなかったジューダス・プリーストの最高傑作のアルバムです。1曲目から重厚なリフが炸裂し、ロブ・ハルフォードのハイトーンボーカルが凄まじく、これぞヘヴィ・メタルという曲が最後まで続いていきます。もし、ヘヴィ・メタルの教科書があったら、このアルバムは、必ず載せられるべき名盤です。

関連記事

(本サイトには、プロモーションが含まれています)Judas Priest(ジューダス・プリースト) 全アルバム ランキング|最高傑作とおすすめアルバム前回は、メタルの帝王オジー・オズボーンの全アルバムランキングをしましたので、[…]

kenのおすすめ2
アット・ザ・ゲイツ『Slaughter of the Soul』

ジャンル:メロディック・デス・メタル

概要
アット・ザ・ゲイツは、スウェーデンの5人組のメロディック・デス・メタルバンドで、本作は、メロディック・デス・メタルの中でも、最高峰に位置するアルバムです。「ローリングストーン誌 歴代最高のメタルアルバム」の中では、79位にランクインしています。怒涛のリフとリズムが最初から最後まで続き、メロディアスな曲が多いため、最後までダレることなく聞けます。

kenのおすすめ3
スリップノット『Iowa』

ジャンル:オルタナティブ・メタル

概要
スリップノットは、日本でも人気のあるグロテスクなマスクが特徴のバンドです。最近は、攻撃的な激しい曲がなくなり、メロディアスな曲が多くなってきていますが、このスリップノットのセカンド・アルバム「Iowa」は、ブルータルのメタルで、病的なほど暴力的で狂ったアルバムです。こんなに激しいサウンドは、他のバンドでは真似ができないぐらいの迫力があります。

関連記事

(本サイトには、プロモーションが含まれています)Slipknot(スリップノット)全アルバム ランキング前回は、Marilyn Manson(マリリン・マンソン)の全アルバムランキングをしましたので、今回は、猟奇趣味的激[…]

まとめ

ローリングストーン誌の歴代最高のメタルアルバムから10枚と、自分たちのおすすめのアルバム6枚を紹介しましたが、まだまだ、メタルには良いアルバムがたくさんあります。

最後に、30位までのランキングを紹介し、終わりにしたいと思います。

順位アーティスト名アルバム名
1位ブラック・サバスParanoid
2位メタリカMaster Of Puppets
3位ジューダス・プリーストBritish Steel
4位アイアン・メイデンThe Number Of The Beast
5位ブラック・サバスBlack Sabbath/td>
6位スレイヤーReign In Blood
7位モーターヘッドNo Remorse
8位メガデスPeace Sells … But Who’s Buying?
9位オジー・オズボーンBlizzard Of Ozz
10位パンテラVulgar Display Of Power
11位メタリカRide The Lightning
12位ジューダス・プリーストScreaming For Vengeance
13位アイアン・メイデンIron Maiden
14位ブラック・サバスVol. 4
15位オジー・オズボーンDiary Of A Madman
16位ディオHoly Diver
17位マーシフル・フェイトMelissa
18位トゥールÆnima
19位メガデスRust In Peace
20位アンスラックスAmong The Living
21位メタリカ…And Justice For All
22位モトリー・クルーToo Fast For Love
23位ダンジグDANZIG
24位レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンRage Against The Machine
25位メタリカMetallica
26位アリス・イン・チェインズDirt
27位システム・オブ・ア・ダウンToxicity
28位セルティック・フロストChaos A.D.
29位セパルトゥラWhite Album
30位KornKorn
>music 博物館

music 博物館

CTR IMG