David Bowie(デヴィッド・ボウイ)全アルバム ランキング|おすすめアルバム

(本サイトには、プロモーションが含まれています)

David Bowie(デヴィッド・ボウイ)全アルバム ランキング

前回は、The Who(ザ・フー)全アルバム ランキングをしましたので、

今回は、ロック界のレジェンド第8弾として、David Bowie(デヴィッド・ボウイ)の全アルバム ランキングをしていきたいと思います。

デヴィッド・ボウイは、変化の激しかったアーティストで、音楽においては、グラムロック、ハードロック、ソウル、アンビエント、ポップス、インダストリアル、ジャズなど、あらゆるジャンルの音楽を取り込み、変化し続けました。

また、ミュージシャンだけではなく、俳優業をやったり、ビジネスマンの顔を持ったりと、色々なことにチャレンジしていました。

俳優業では、坂本龍一や、たけしと共に、映画「戦場のメリークリスマス」に出演したことで、日本のお茶の間にも知れ渡る存在となりました。

残念ながら、2016年に、肺癌のため、69歳でお亡くなりになってしまいましたが、27枚のスタジオ・アルバムを残し、多くのアーティストに、多大な影響を及ぼしました。

そんなデヴィッド・ボウイの全スタジオ・アルバムを、ランキングしていきたいと思います。

ランキングは、個人的な独断と偏見で評価していますので、世間一般の評価とは異なるかもしれませんが、その点は、ご了承ください。

デヴィッド・ボウイのアルバムを聴いてみたいけど、どのアルバムから聴けば良いか分からない方、

デヴィッド・ボウイのアルバムの評価や、おすすめのアルバムを知りたい方に、役立つ記事になっています。

デヴィッド・ボウイ アルバムランキング

第27位
Never Let Me Down

1980年代らしいアルバムだけど、デヴィッド・ボウイの個性は無くなってしまったわね。
kat
1980年代の電子音を入れてしまったために、薄っぺらいサウンドになってしまったね。

評価: 2.0

1987年発売の17作目のアルバムで、1980年代のデヴィッド・ボウイの低迷ぶりが分かるアルバムです。

1980年代のポップ路線の音作りを行なっているため、1980年代にありがちな薄っぺらいサウンドの作品となってしまいました。

ピーター・フランプトンやミッキー・ロークが参加しいることで話題になりましたが、全英チャート17位、全米チャート21位と、売上は落ちこんでしまいました。

この時代のデヴィッド・ボウイは、俳優業に専念していたため、音楽活動が低迷してしまったことは、致し方なかったのかもしれません。

第26位
Tonight

前作「Let’s Dance」に引き続き、商業ロックのアルバムね。レゲエ風のアレンジや派手なアレンジが、鼻につくわね。
kat
前作が売れたために、同じ路線でいったアルバムだけど、完全に失敗してしまったね。

評価: 2.1

1984年発売の16作目のアルバムで、前作「Let’s Dance」と同様、商業ロックのアルバムです。

全英チャート1位、全米チャート11位とヒットしましたが、ナイル・ロジャースがプロデューサーから外れてしまったことや、デヴィッド・ボウイの新曲が少ないこと、アレンジの悪さなどが重なり、散漫な印象を与える作品となりました。

ビーチ・ボーイズの名曲「ゴッド・オンリー・ノウズ」を取り上げるも、これも、アレンジがいまいちで、魅力がありません。

本作から、デヴィッド・ボウイの音楽は不遇な時代に突入して行きます。

第25位
David Bowie

デヴィッド・ボウイのデビュー・アルバムは、ほのぼのとしたフォーク・ロックのアルバムね。
kat
まだ、デヴィッド・ボウイの才能は開花しておらず、普通のフォーク・ロックで、地味なアルバムだね。

評価: 2.2

1967年発売の記念すべきデヴィッド・ボウイのデビュー・アルバムです。

全体的にフォーク・ロックの曲が多いことが特徴で、中には、オーボエを使用した曲やサイケデリックのような曲も収録されています。

全曲デヴィッド・ボウイが作詞・作曲をしていますが、まだ、デヴィッド・ボウイの個性が出ておらず、フォークシンガーのイメージで売り出されたことが分かるアルバムです。

本作は、全く売れませんでしたが、デヴィッド・ボウイの才能がちらほら見られるため、磨かれる前のダイヤモンド原石のような作品です。

第24位
Tin Machine

ティン・マシーンのファースト・アルバムは、ハード・ロック色の強いアルバムね。
kat
デヴィッド・ボウイが、突然、ティン・マシーンを結成した時には、驚いたね。原点回帰を狙ったアルバムだね。

評価: 2.3

1989年発売のティン・マシーンのファースト・アルバムです。

デヴィッド・ボウイは、1980年代の低迷ぶりを本人も認識しており、起死回生を狙うために、新たなバンド ティン・マシーンを結成しました。

ベースとドラムには、イギー・ポップのツアー・メンバでもあったセイルズ兄弟が、ギターには、リーヴス・ガブレルスが参加しました。

原点回帰を狙ったストレートなハード・ロックを展開しており、メンバとの共作曲が多くなっています。

デヴィッド・ボウイのアルバムの中では、魅力的なアルバムではありませんが、デヴィッド・ボウイの音楽熱を呼び戻すための過程だったと考えると、一応、成功だったとみなすことができます。

第23位
Tin Machine II

ティン・マシーンの2枚目のアルバムも、ハード・ロック色の強いアルバムね。
kat
バンド・メンバを強調してしまったために、デヴィッド・ボウイがあまり活躍していないアルバムだね。

評価: 2.35

1991年発売のティン・マシーンの2枚目のアルバムです。

バンド・メンバを強調した作品で、その証拠に、デヴィッド・ボウイが単独で作曲した曲は、「ア・ビッグ・ハート」のみであったり、デヴィッド・ボウイがボーカルを担当していない曲が2曲(「ステイトサイド」「ソーリー」)あったりします。

ロキシー・ミュージックの「イフ・ゼア・イズ・サムシング」をカヴァーしていますが、原曲の持つ退廃的な雰囲気を壊してしまったアレンジがされています。

前作「Tin Machine」と同様、ハードロック色の強いアルバムで、前作よりもメロディアスな曲が増えていますが、売上は、惨敗で、全英チャート23位、全米チャートでは、100位にすらランクインしませんでした。

そのためか、ティン・マシーンは、このアルバムで解散してしまいました。

第22位
Space Oddity

オープニング・ナンバーの「Space Oddity」は、ドラマチックでプログレッシブ・ロックを感じさせる曲ね。
kat
このアルバムは、「Space Oddity」だけでも聴く価値のあるアルバムだね。キーボードにリック・ウェイクマンが参加しているため、プログレッシブ・ロックを感じさせる曲だね。

評価: 2.4

1969年発売の2作目のアルバムで、全英チャート5位を記録した「Space Oddity」が収録されているアルバムです。

元々のアルバム名は、「David Bowie」(アメリカ版は、「Man of Words, Man of Music」)でしたが、「Space Oddity」が、BBCのアポロ月面着陸特集番組で使用されヒットしたことで、アルバム名を変更して再発されました。

この「Space Oddity」は、メロトロンを使用したプログレッシブ・ロックを感じさせる曲で、デヴィッド・ボウイの代表曲の1曲となりました。

「Space Oddity」以外は、前作「David Bowie」と同様、フォーク・ロックの曲で占められています。

デヴィッド・ボウイの原点を感じさせるアルバムです。

第21位
Lodger

オリエンタルな曲など、不思議な曲が多くて、理解するのが難しいアルバムね。
kat
「ベルリン3部作」の最後のアルバムだけど、他の2枚とは、随分、雰囲気が違うね。人を選ぶアルバムだね。

評価: 2.5

1979年発売の13作目のアルバムで、ブライアン・イーノと共演した「ベルリン3部作」のラストにあたるアルバムです。

しかし、インストゥルメンタルな曲が減ってしまったことや、退廃的な雰囲気がなくなり、明るい曲が増えたことで、前2作とは、かなり趣が異なっています。

全体的にリラックしており、ブライアン・イーノのボーカル入りのソロ・アルバムのように、不思議な曲が多く収録されています。

ギターに、エイドリアン・ブリューが参加していることから、トーキング・ヘッズの「リメイン・イン・ライト」の雰囲気を感じるところもあります。

実験色が強いため、デヴィッド・ボウイのアルバムの中では、評価が分かれるアルバムです。


次は、20位 → 11位 です。

>music 博物館

music 博物館

CTR IMG