Bill Evans(ビル・エヴァンス) アルバムの紹介・評価|1966-68年

(本サイトには、プロモーションが含まれています)

ビル・エヴァンス 1966-68年アルバム(“Intermodulation” “A Simple Matter of Conviction” “Further Conversations with Myself” “Bill Evans Alone”)の紹介・評価

前回紹介しました“Theme from The V.I.P.s” “Trio ’64” “Trio ’65” “with Symphony Orchestra”に引き続き、ビル・エヴァンスのアルバムを紹介・評価していきたいと思います。

今回は、ビル・エヴァンスの1966-68年アルバム「Intermodulation」「A Simple Matter of Conviction」「Further Conversations with Myself」「Bill Evans Alone」を紹介・評価していきます。

こちらの4枚のアルバムは、色々と面白い企画がされており、ビル・エヴァンスの個性が出ています。

「Intermodulation」は、名作「Undercurrent」に引き続き、ジム・ホールとのデュエット作品。

「A Simple Matter of Conviction」は、「Empathy」に引き続き、シェリー・マンとの共演作品。

「Bill Evans Alone」は、初の全曲ソロ・ピアノ作品。

「Further Conversations with Myself」は、「続・自己との対話」とも呼ばれ、「Conversations With Myself」と同様、Bill Evansが、複数台のピアノ演奏を行っている作品。

となっています。

そんな個性的な4枚のアルバムを紹介・評価していきたいと思います。

評価点は、個人的な独断と偏見で採点していますので、世間一般の評価とは異なるかもしれませんが、その点は、ご了承ください。

ビル・エヴァンスのおすすめのアルバムを知りたい方や、ビル・エヴァンスのアルバムの評価や、おすすめのアルバムを知りたい方に、役立つ記事になっています。

評価結果

以下が評価結果です。

No作品評価点(10点満点)
1Intermodulation6.67点
2A Simple Matter of Conviction6.33点
3Further Conversations with Myself6.29点
4Bill Evans Alone7.40点

評価の詳細は、以下の通りです。

評価詳細

Intermodulation

No曲名感想評価点
1I’ve Got You Under My Skinフランク・シナトラの代表曲となっているコール・ポーター作曲の作品です。ジム・ホールのギターが、1962年の共演アルバム「Undercurrent」よりも前面に出ており、心地よい演奏をしています。7点
2My Man’s Gone Nowオペラ「ポーギーとベス」のために書かれたジョージ・ガーシュウィンの曲で、アルバム「Sunday at the Village Vanguard」にも収録されてるバラード曲です。ビル・エヴァンスのピアノもジム・ホールのギターも、渋い演奏がされています。7点
3Turn Out the Starsビル・エヴァンスのオリジナル曲で、「At Town Hall」で初演された作品です。前半は、ビル・エヴァンスのピアノ・ソロ、後半は、ジム・ホールのギター・ソロ、ラストは、ピアノとギターの掛け合いで構成されています。ビル・エヴァンスの甘美なピアノを聞くことができます。8点
4Angel Faceウェザー・リポートなどで有名なキーボード奏者のジョー・サヴィヌルの作品です。ジョー・サヴィヌルがまだ有名ではない時代に、ジョー・サヴィヌルの曲を取り上げているところが興味深いところです。ジム・ホールの美しいギター演奏を聞くことができます。6点
5Jazz Samba「Theme from The V.I.P.s」や「with Symphony Orchestra」で共演したクラウス オガーマンの作曲で、曲名通り、サンバのようなアップテンポの曲です。このアルバムの中では浮いた印象を受けます。5点
6All Across the Cityジム・ホールのオリジナル曲で、ジム・ホールの静かなギターが味わえる美しい曲です。ジム・ホールのギターとビル・エヴァンスのピアノが交互にソロをとっています。7点
平均点6.7点

 「Undercurrent」以来のジム・ホールとの再会作品です。いい意味で、「Undercurrent」のような緊張感がなく、まったりとリラックスして聞けるアルバムです。
 「Undercurrent」と比較すると、ジム・ホールのギターは伴奏に徹しているように感じます。そのため、ビル・エヴァンスの甘美なピアノを多く味わうことができます。

(メンバ)
Bill Evans:Piano
Jim Hall:guitar

A Simple Matter of Conviction

No曲名感想評価点
1A Simple Matter of Convictionオープニング・ナンバーは、ビル・エヴァンスのオリジナル曲で、このアルバムの意気込みが感じられる作品です。ビル・エヴァンスの流暢なピアノを、心地よく聞くことができます。6点
2Stella by Starlightヴィクター・ヤング作曲の有名なジャズ・スタンダード曲で、美しいバラード曲です。ビル・エヴァンスのピアノは目立っておらず、エディ・ゴメスのベース中心の作品です。7点
3Orbit(Unless It’s You)ビル・エヴァンスのオリジナル曲で、ミドルテンポの美しい作品です。最初にエディ・ゴメスのベース・ソロが入り、その後に、ビル・エヴァンスの軽快なピアノ・ソロが続きます。シェリー・マンのドラムは、伴奏に徹しています。6点
4Laura1944年の映画「ローラ」のためにデヴィッド・ラクシンが作った曲です。アルバム「Theme from The V.I.P.s」にも収録されていましたが、こちらは、ビル・エヴァンスの軽快なピアノ演奏で、ビル・エヴァンスらしさが出ています。6点
5My Melancholy Babyアーニー バーネット作曲のポピュラー・ソングで、こちらも明るめの軽快な曲です。エディ・ゴメスの音数の多いベース・ソロや、短いながらもシェリー・マンのドラム・ソロが入っています。6点
6I’m Getting Sentimental Over Youジョージ・バスマン作曲で、セロニアス・モンクが好んで取り上げていた曲です。テンポの良いベースや、シェリー・マンの繊細なブラシのドラムをバックに、ビル・エヴァンスは、転がすようなピアノ演奏を行っています。8点
7Star Eyesジーン・デ・ポールと、ドン・レイ作曲の1943年の映画「I Dood It」で使われた曲です。ビル・エヴァンスの軽快なピアノを、エディ・ゴメスのベースとシェリー・マンのドラムが、バックで盛り上げてくれています。6点
8Only Childビル・エヴァンスの3曲目のオリジナル曲で、このアルバム唯一の静かなバラード曲です。イントロは、ビル・エヴァンスのピアノのみの演奏で、その後、静かにベースとドラムが入ってきます。ビル・エヴァンスのピアノ主体の作品です。6点
9These Things Called Changesラスト・ナンバーも、ビル・エヴァンスのオリジナル曲です。このアルバムの中では、最もアップテンポの曲で、特に、エディ・ゴメスのベースが高速で、エディ・ゴメスのテクニックが味わえます。シェリー・マンのドラム・ソロも申し分ない演奏です。6点
平均点6.3点

 名ドラマー シェリー・マンとの2回目の共演アルバムです。1回目の共演アルバム「Empathy」では、ビル・エヴァンスのオリジナル曲は、1曲も収録されていませんでしたが、こちらのアルバムは、4曲、オリジナル曲が収録されています。
 ほとんどが明るめの軽快な曲で、エディ・ゴメスのベースと、シェリー・マンのドラムのリズムが素晴らしいアルバムです。ただ、ジャズとは思えないセンスの良くないジャケットが、残念ところです。

(メンバ)
Bill Evans:Piano
Eddie Gomez:bass
Shelly Manne:drums

Further Conversations with Myself

No曲名感想評価点
1Emily多重録音の最初の作品「Conversations With Myself」は、3台のピアノの多重録音でしたが、今回のアルバムは、2台のピアノの多重録音です。その成果が、このオープニング・ナンバーから表れており、ピアノの音数が減り、美しい演奏がされています。この曲は、映画「The Americanization of Emily」の主題歌で、トニー・ベネットなども取り上げている曲です。7点
2Yesterdaysジェローム カーン作曲のジャズ・スタンダード曲です。前曲「Emily」よりも音数が増えて、4手で演奏されていることがはっきり分かり、ごちゃごちゃしている印象を受けます。5点
3Santa Claus Is Comin’ To Townビル・エヴァンスが大好きなクリスマス・ソングで、ライブでも良く演奏している曲です。アルバム「Trio ’64」にも収録されています。華やかなクリスマスを感じますが、「Trio ’64」のピアノ・トリオの演奏の方が、個人的には好みです。5点
4Funny Manビル・エヴァンスのオリジナル曲で、2台のピアノ演奏に合っている曲です。ピアノの音数がちょうどよく、イントロの美しさと、途中の盛り上がり方は、2台のピアノあってこそできる技だと思います。7点
5The Shadow of Your Smile映画「いそしぎ」の主題曲で、ジャズ・スタンダードにもなっている有名曲です。イントロの暗めの主題のメロディは、美しさが溢れています。主題のメロディが終わると、アドリブが展開されていきますが、これもビル・エヴァンスらしい甘美な演奏がされています。8点
6Little Luluこの曲も、「Trio ’64」に収録されており、アメリカのアニメ「Little Lulu」のテーマ曲で、可愛らしい作品です。「Trio ’64」のピアノ・トリオの時も、軽快な演奏でしたが、2台のピアノになって更に軽快な演奏になりました。6点
7Quiet Nowアメリカのジャズ・ピアニスト ニー・ザイトリンの作品で、曲名通り、静かな曲です。イントロは、1台のピアノで演奏され、途中から、もう1台のピアノが絡んできます。6点
平均点6.3点

 アルバムの邦題は、「続・自己の対話」で、ビル・エヴァンス自身のピアノ多重録音の2枚目のアルバムになります。1枚目「自己の対話」は、ピアノ3台の多重録音でしたが、このアルバムは、2台のピアノに減っています。
 ビル・エヴァンス自身は、「自己の対話」に不満を持っていたようで、名誉挽回に、このアルバムを吹き込んだとされています。そのため、「自己の対話」よりもごちゃごちゃ感がなくなり、スッキリとした音になっています。

(メンバ)
Bill Evans:Piano

Bill Evans Alone

No曲名感想評価点
1Here’s That Rainy Dayブロードウェイ ミュージカルで使用されたジミー ヴァン ヒューゼン作曲のポピュラー・ソングです。静かなクラシカルな美しいイントロから、ジャズらしい躍動感のあるアドリブに入っていきます。センチメンタルなバラード曲です。7点
2A Time for Love映画音楽で有名なジョニー・マンデルの美しい作品です。1曲目と同様、最初は、静かなバラード風の演奏から始まり、徐々に熱を帯び、ジャズらしいスインギーなアドリブに入っていきます。ソロ・ピアノの美しさが表れています。8点
3Midnight Moodウェザー・レポートで有名なジョー・サヴィヌルの作品です。イントロは、哀愁を感じる暗めの曲調ですが、途中から、明るめの軽快な演奏に変わっていきます。この対比が面白く、ジャズらしさを感じます。6点
4On a Clear Day (You Can See Forever)ミュージカル「晴れた日に未来がのぞける」の主題歌で、ビル・エヴァンスのピアノは、このアルバムの中では、最も明るく軽快に演奏されています。それでも、影を感じさせる演奏で、このアルバム全体の雰囲気に合っています。6点
5Never Let Me Goレイ・エヴァンスとジェイ・リヴィングストンのポップナンバーで、このアルバム最大の聴きどころの曲です。14分半に及ぶ長い曲(ビル・エヴァンスの曲の中では、最も長い曲です)で、哀愁たっぷりの演奏を聞かせてくれます。10点
平均点7.4点

 「自己の対話」では、ひとりトリオ、「続・自己の対話」では、ひとりデュエットと続き、このアルバムでは、とうとうソロ・ピアノになりました。
 哀愁の帯びた曲が多く、特に、「Never Let Me Go」は、最も哀愁が帯びており、レコードでは片面全てを使って、14分半の演奏を行っています。長い曲ですが、ダレることなく、完璧な演奏を聞かせてくれます。

(メンバ)
Bill Evans:Piano

まとめ

1966-68年録音のビル・エヴァンスのアルバム4枚を紹介・評価しました。

ビル・エヴァンスのアルバムでは、ピアノ・トリオの演奏が多い中、今回紹介しましたアルバムは、「A Simple Matter of Conviction」以外、ピアノ・ソロやデュエット作品であり、今までとは違うビル・エヴァンスの良さが分かるアルバムです。

次回は、1969-72年のアルバムを紹介・評価していきたいと思います。

関連記事

(本サイトには、プロモーションが含まれています)Bill Evans(ビル・エヴァンス) 全アルバム ランキング別記事で、Bill Evans(ビル・エヴァンス)の全アルバムを、全曲、評価点を付けて、ランキング付けしましたの[…]

>music 博物館

music 博物館

CTR IMG