”J-wave Tokio Hot 100” 年間ランキング 2018年以降

”J-wave Tokio Hot 100” 年間ランキングを振り返る。30 YEAR ULTIMATE COUNTDOWNも紹介

前回の2013年〜2017年のTokio Hot 100 年間ランキングに引き続き、今回は、2018年以降のTokio Hot 100 年間ランキングを振り返って行きます。

2018年

No.1 アーティストNo.1 Song30年間ランキング
Ariana GrandeNo Tears Left To Cryランク外

(コメント)
2018年は、Ariana Grandeの「No Tears Left To Cry」が、年間ランキング1位になりました。この曲は、アルバム「Sweetener」の先行シングルカット曲で、アルバム「Sweetener」は、過去のAriana Grandeのアルバムと比較すると売り上げは落ちましたが、「No Tears Left To Cry」は、世界的に大ヒットしました。2位は、Keala Settle And The Greatest Showman Ensembleの「This Is Me」でした。この曲は、ミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」の主題曲になります。昨年は、「ラ・ラ・ランド」の曲が、年間チャート2位でしたので、2年連続ミュージカル映画の主題歌が、2位になったことになります。3位は、宇多田 ヒカルの「初恋」でした。宇多田 ヒカルは、1998年のデビュー以来、20年が経ち、日本を代表するアーティストとしての貫禄がでてきました。その他、10位以内には、あいみょんの「マリーゴールド」と「今夜このまま」の2曲がランクインしています。

kat
年間ランキング2位の「グレイテスト・ショーマン」の主題曲は、30年間ランキングでは、67位でした。昨年の「ラ・ラ・ランド」の主題曲は、30年間ランキングには入っていなかったため、J-Waveでは、「グレイテスト・ショーマン」の方が、人気があったということですね。

2018年のチャート

2019年

No.1 アーティストNo.1 Song
Official髭男dismPretender

(コメント)

2019年は、Official髭男dismの「Pretender」が、年間ランキング1位になり、これで、邦楽では、3度目の年間チャート1位となります。この曲は、オリコン週間ストリーミング・ランキングで、12週連続1位となり、大ヒットしました。2位、3位には、Taylor Swiftの「You Need To Calm Down」と「Me!」がランクインしており、この2曲はともに、レギュラーチャートでは、4週1位を記録しています。4位は、2016年の年間チャート1位であったCarly Rae Jepsenの新曲「Now That I Found You」でした。その他、10位以内には、この年にデビューしたBillie Eilishの「Bad Guy」が入っています。この曲は、売れ路線とは異なりますが、全米シングルチャートで初の1位を獲得し、ヒットしました。

kat
1位を獲得したOfficial髭男dismは、「Pretender」以外にも、13位に「宿命」、17位に「イエスタデイ」と、20位以内に、3曲ランクインし、2019年は、Official髭男dismの大当たりした年でした。

2019年のチャート

2020年

No.1 アーティストNo.1 Song
米津 玄師感電

(コメント)
2020年は、米津 玄師の「感電」が、年間ランキング1位になり、これで、邦楽が2年連続年間チャート1位になったことになります。この曲は、大ヒットしたアルバム「Stray Sheep」に収録されている曲で、ホーン中心のファンクな曲です。2位は、久々に、ディスコ系のサウンドに戻ったLady Gagaの「Rain On Me」でした。Lady Gagaは、ディスコ系の曲が、よく似合います。3位は、韓国のアイドルグループBTSの「Dynamite」でした。この曲は、80年代ディスコ系のサウンドで、懐かしさを感じる曲です。その他10位以内に、ダンス系の曲が、Katy Perryの「Smile」、Lady Gagaの「Stupid Love」、The Weekndの「Blinding Lights」と3曲もランクインしており、2020年はダンス系の曲が強かった年でした。

kat
3位のBTSですが、「なんで、韓国のアイドルグループを、J-Waveで流すんだ」と、曲も聞かずに偏見を持っていましたが、実際に曲を聴いてみると、ダフト・パンクを彷彿させるダンス系の曲で、アイドルグループの曲とは思えない洋楽風のサウンドでした。聞かず嫌いはよくないことを実感しました。

2020年のチャート

2021年

No.1 アーティストNo.1 Song
BTSButter

(コメント)
2021年は、BTSの「Butter」が1位になり、初のK-Popが年間ランキング1位になりました。BTSは、韓国、日本に限らず、世界的にヒットしたグループであるため、Tokio Hot100でも、年間ランキング1位になったのは、当然の結果かと思います。「Butter」以外のBTS関連では、3位に、「Permission To Dance」が、10位に、Coldplayとの共演曲「My Universe」がランクインし、2021年は、BTSの勢いを感じた年でした。BTS以外では、ブルーノ・マーズ&アンダーソン・パークのプロジェクト「Silk Sonic」の曲が、4位と5位にランクインし、ブルーノ・マーズの勢いを感じた年でもありました。2021年は、2020年に引き続き、ダンス系の曲が強い年で、年間ランキング10位以内に、6曲(BTS,藤井風,Silk Sonic,Coldplay,The Kid Laroi And Justin Bieber)のダンス系の曲がランクインしています。

kat
2021年は、BTSの話題ばかりでしたので、当然、Tokio Hot100でも、年間ランキング1位を獲得しました。個人的には、ブルーノ・マーズ&アンダーソン・パークのプロジェクト「Silk Sonic」のアルバム「An Evening with Silk Sonic」が、昔のソウルを感じさせ、2021年のアルバムでは最も好きなアルバムでした。

2021年のチャート

まとめ

5回に渡り、J-wave Tokio Hot 100 の32年間の年間ランキングの紹介・感想を記事にしてきました。

1988年〜2000年 の古い時代は、聞いたことがある曲や、知っているアーティストが多かったのですが、2000年以降は、知らない曲が多く、この機会に、邦楽も含め、多くの曲を聞くことができました。

最近のアーティストを、多く知ることができたことは、自分の中で収穫でした。

Tokio Hot 100は、J-Waveの看板番組であり、まだまだ続いていくと思いますので、これからの年間ランキングも、追記していきたいと思います。

関連記事

”J-wave Tokio Hot 100” 年間ランキング まとめ 1988年〜2021年5回に渡り、J-wave Tokio Hot 100 の33年間の年間ランキングの紹介・感想を記事にしてきましたので、ここに概要をまとめていきた[…]

>music 博物館

music 博物館

CTR IMG