”J-wave Tokio Hot 100” 年間ランキング 1988〜1997年

”J-wave Tokio Hot 100” 年間ランキングを振り返る。30 YEAR ULTIMATE COUNTDOWNも紹介

FM曲J-waveで、毎週日曜日13:00 – 17:00に放送されているクリス・ペプラーさんDJの「Tokio Hot 100」のランキングを紹介します。

この番組は、1988年10月から開始され、約35年間続いてる長寿番組です。

J-WAVEのオフィシャルチャートとして、毎週100曲のオリジナルランキングが発表されます。

ランキングは、以下のポイントを集計して算出されています。

  1. J-WAVEでのオンエアチャート
  2. インターネットによる投票
  3. 主要CDショップでのセールスチャート
  4. ストリーミングをポイント

12月の最終週には、その年の1年間のランキングも発表されます。

私は、1990年代、毎週、この番組を聞いて、当時のヒットソングの情報をチェックしていました。

この時代のJ-WAVEは洋楽主体で、ランキングされる曲は、ほとんどが洋楽であり、邦楽は、あまりありませんでした。

私は、洋楽主体で音楽を聴いていましたので、洋楽主体のランキングが私の趣味とマッチしていたのです。

しかし、2000年以降、邦楽が主体になり、あまり、聞くことがなくなってしまいましたが、2021年までの年間ランキングを紹介し、当時のヒット曲を振り返りたいと思います。

2019年1月1日には、「J-WAVE 30TH ANNIVERSARY SPECIAL SAISON CARD TOKIO HOT 100 30 YEAR ULTIMATE COUNTDOWN」がオンエアされ、30年間のランキングが、発表されましたので、そのランキングも踏まえ、紹介していきたいと思います。

Tokio Hot 100の昔のランキングを振り返りたい方、この番組は知らないけれども、昔のヒットソングを知りたい方に、役立つ記事になっています。

1988年

約35年前のランキングです。J-WAVEが開局された時のことを、今でも、覚えています。時の経つのは早いものですね。

No.1 アーティストNo.1 Song30年間ランキング
U2Desireランク外

(コメント)
J-WAVEの開局が、1988年10月ですので、実質、2ヶ月半のランキングです。この年の年間ランキング1位は、U2の「Desire」で、レギュラーチャートでは、6週連続1位になりました。ドキュメンタリー映画のサウンドトラック「魂の叫び」に収録されていた曲です。U2は、前年に発売されたアルバム「ヨシュア・トゥリー」がとても有名で、前年に、J-WAVEが開局されていたら、きっと、「ヨシュア・トゥリー」からの曲が上位にランクされていたと思います。年間ランキング10位以内の曲では、George Michael、Anita Baker、Bon Jovi、Pet Shop Boysなど、懐かしいアーティストの曲がランクインしています。

kat
レギュラーチャート6週連続1位というのは、今では、珍しくはなく、今後の「Tokio Hot 100」で頻発します。7週目から1位を取るのが難しくなっていく印象です。そのため、30年間ランキング(TOKIO HOT 100 30 YEAR ULTIMATE COUNTDOWN)には、U2の「Desire」はランクインしませんでした。この年の年間ランキング39位のEnya「Orinoco Flow」のみが、30年間ランキングにランクインし、順位は、50位でした。

1988年のチャート

1989年

No.1 アーティストNo.1 Song30年間ランキング
PrinceBatdanceランク外

(コメント)
1989年は、映画「バットマン」から、Princeの「Batdance」が、年間ランキング1位になりました。映画「バットマン」は、シリーズの第1作目(バットマン役が、マイケル・キートン、ジョーカー役がジャック・ニコルソン)で、日本でも流行りました。この曲は、あまりPrinceの歌声は入っておらず、Princeらしからぬ売れ線を狙ったような曲です。レギュラーチャートでは、10週連続1位の大記録になりました。年間ランキング10位以内には、Janet Jackson、Madonna、Bobby Brownなど、ダンス系の曲が6曲も入っており、この年は、ダンス系の曲が独占状態でした。

kat
Princeの「Batdance」は、レギュラーチャート10週連続1位の大記録を作りましたが、30年間ランキングには、ランクインしませんでした。それは、レギュラーチャート100位以内のチャートイン期間が短かったことによります。この年の年間ランキング56位のSoul II Soulの「Back To Life」のみが、30年間ランキングにランクインし、順位は、91位でした。この年は、ローリング・ストーンズが、初来日しており、「Mixed Emotions」が年間ランキング14位に入っています。

1989年のチャート

1990年

No.1 アーティストNo.1 Song30年間ランキング
MadonnaVogueランク外

(コメント)
1990年は、 Madonnaの「Vogue」が、年間ランキング1位になりました。この曲は、ダンス+ハウス系の曲で、サウンドトラック「アイム・プレイス」の先行シングルでした。昨年に引き続き、ダンス系の曲が強い年でした。Madonnaは、今後も、長く、当番組の常連になります。年間ランキング10位以内には、Roxetteの名バラード曲「It Must Have Been Love」や、M.C Hammerの斬新ダンスで有名な「U Can’t Touch This」、Janet Jacksonの3曲(「Escapade」「AlrightL」「Come Back To Me」)などが、ランクインしました。同じアーティストの曲が10位以内に3曲ランクインするとは、この時代のJanet Jacksonの勢いを感じます。

kat
この年、マライア・キャリーがデビューし、年間ランキング24位に「Vision Of Love」、41位に「Love Takes Time」がランクインしています。この「Love Takes Time」は、30年間ランキングでは、38位に入っています。日本勢では、サザンオールスターズの「真夏の果実」が、年間ランキング38位と健闘しました。この曲も懐かしいですね。

1990年のチャート

1991年

No.1 アーティストNo.1 Song30年間ランキング
Stevie BBecause I Love You11位

(コメント)
1991年は、 Stevie Bの「Because I Love You」が、年間ランキング1位になりました。この曲、1990年12月30日と、1991年1月20日の2回しか1位になっていないのですが、レギュラーチャート10位以内に、6ケ月もランクインしたことから、30年間ランキングでは、11位と上位にランクインしました。年間ランキング2位のMariah Careyの「Emotions」が、レギュラーチャートでは8週間1位(連続1位は、6週)、年間ランキング3位のSting「All This Time」は、レギュラーチャートでは6週間1位(連続1位は、4週)、年間ランキング6位のCrystal Watersの「Gypsy Woman」が、レギュラーチャートでは9週連続1位と、熾烈な争いとなった年でした。年間ランキング4位のC&C Music Factoryの「Gonna Make You Sweat」は、♪Evrybody Dance Now♪ のフレーズが有名になり、TVでもよく流れていました。

kat
年間ランキング6位のCrystal Waters「Gypsy Woman」は、まさに、ハウス系の曲で、♪ラダディーラアダ♪ が耳に残る曲でした。自分の好きなアーティストEnigmaのデビュー曲「Sadness Part 1」が、年間ランキング40位にランクインしています。30年間ランキングでは、C&C Music Factoryの「Gonna Make You Sweat」が、41位にランクインしました。

1991年のチャート

1992年

No.1 アーティストNo.1 Song30年間ランキング
ShaniceI Love Your Smile87位

(コメント)
1992年は、Shaniceの「I Love Your Smile」が、年間ランキング1位になりました。♪トゥルッルルトゥールルル〜♪のメロディーが印象的で、レギュラーチャートでは、9週連続1位を記録しました。昨年、一昨年とダンス系の曲が強かったですが、1992年は、バラード曲5曲(2位のMariah Carey「I’ll Be There」、7位のEric Clapton「Tears In Heaven」、8位のWilson Phillips「You Won’t See Me Cry」、9位のVanessa Williams「Save The Best For Last」)が、年間ランキング10位以内にランクインしており、バラード曲が強かった年でした。この年の曲が、30年間ランキングに多数ランクインしています。以下が、30年間ランキングの順位です。

Shanice「I Love Your Smile」:87位
Workshy「Trouble Mind」:77位
Swing Out Sister「Am I The Same Girl」:54位
Eric Clapton「Tears In Heaven」:47位
Vanessa Williams「Save The Best For Last」:13位
Boys II Men「End Of The Road」:63位
Michael Jackson「Remember The Time」:55位

kat
この年の曲が、30年間ランキングに7曲もランクインしており、30年間の中で、この年の曲が優れていたことがわかります。この年ぐらいから、Acid-jazzアーティスト(Incognito、Omar、The Brand New Heaviesなど)がランクインし始めます。

1992年のチャート

1993年

No.1 アーティストNo.1 Song30年間ランキング
Mariah CareyDream Lover79位

(コメント)
1993年も、1991年と同様、熾烈な争いがありました。その中で、年間ランキング1位になったのは、Mariah Careyの「Dream Lover」で、レギュラーチャートでは、9週連続1位を記録しました。その他にも、年間ランキング2位のJanet Jackson「That’s The Way Love Goes」が、レギュラーチャートでは7週連続1位、Sadeの「Kiss Of Life」が、レギュラーチャーでは、1位にはならなかったものの、1992年11月〜1993年8月の長期ランクインし、年間ランキング5位に、レギュラーチャート歴代最高記録 11週連続1位となったWhitney Houstonの「I Will Always Love You」とすごい年でした。30年間ランキングでも、Sade「Kiss Of Life」が10位、Whitney Houston「I Will Always Love You」が99位にランクインしています。

kat
この年に、とうとうレギュラーチャート11週連続1位が出ました。連続記録では、今でもこの記録は破られていません。この年に、今後当番組で大活躍するジャミロクワイが登場してきます。ジャミロクワイは、当番組での常連になり、その勢いがすごかったことから、妖怪ジャミロクワイと呼ばれます。

1993年のチャート

1994年

No.1 アーティストNo.1 Song30年間ランキング
Big MountainBaby I Love Your Way20位

(コメント)
1994年は、初のレゲエソング、Big Mountainの「Baby I Love Your Way」が、年間ランキング1位になりました。この曲は、もともと、ピーター・フランプトンの曲で、ライブの名盤「フランプトン・カムズ・アライヴ!」に収録されています。年間ランキング2位には、♪グリグリ・グリグリ〜♪で有名なLisette Melendezの「Goody Goody」がランクインし、レギュラーチャートでは、6週連続1位を記録しました。年間ランキング5位には、Richard Marxの名バラード曲「Now And Forever」が、年間ランキング7位には、Acid-Jazz系のThe Brand New Heavies「Dream On Dreamer」がランクインしています。30年間ランキングでは、Big Mountain「Baby I Love Your Way」が20位、Lisette Melendez「Goody Goody」が60位、Richard Marx「Now And Forever」が91位でした。

kat
年間ランキング100位にランクインしませんでしたが、Mariah Careyの定番クリスマスソング「All I Want For Christmas Is You」が発売され、レギュラーチャートの12月は、この曲が、1位を独占しました。この年、オルタナティヴ・ロックのBeckがデビューし、「Loser」が、年間ランキング66位にランクインしています。

1994年のチャート

1995年

No.1 アーティストNo.1 Song30年間ランキング
Diana KingShy Guy3位

(コメント)
1995年は、Diana Kingの「Shy Guy」が、年間ランキング1位になりました。昨年に続き、レゲエソングが、年間ランキング1位になっています。30年間ランキングでは、3位でした。それ以外にも、年間ランキング6位のSnow「Sexy Girl」、年間ランキング7位のAndru Donalds「Mishale」も、レゲエ調の曲で、この年は、レゲエが流行った年でした。年間ランキング4位のBaha Men「Dancing In The Moonlight」は、レゲエとは違いますが、南国らしさが出ている曲です。年間ランキング2位のスウェーデン勢 The Cardigansの「Carnival」や、年間ランキング5位のScatman Johnの「Scatman」も流行りました。30年間ランキングでも、The Cardigans「Carnival」が73位、Scatman John「Scatman」が93位と健闘しました。

kat
Diana Kingの「Shy Guy」が、30年間ランキングで3位でしたので、どれだけこの曲がすごいのか調べてみました。レギュラーチャートでは、初登場が、3月26日で、86位でした。5月14日に1位になり、通算5週1位になっています。ここまでは、普通ですが、この後、9月17日まで10位以内にランクインして、1996年2月4日まで、100位以内にランクインし続けました。レギュラーチャートに、超長期間ランクインしていたのが、3位になった理由ですね。

1995年のチャート

1996年

No.1 アーティストNo.1 Song30年間ランキング
Eric ClaptonChange The World1位

(コメント)
この年、Eric Claptonの「Change The World」が、年間ランキング1位になりました。翌年の年間ランキングでも、5位にランクインし、30年間ランキングでは、堂々、1位になりました。この曲は、日本では大人気でしたが、海外では、あまり取り上げられることがないため、日本と海外でギャップを感じます。年間ランキング2位のLos Del Rioの「Macarena」は、不思議なダンス系の曲で、「マカレナ・ダンス」が流行りました。年間ランキング5位のCosa Nostra「Girl Talk ~Never Fall In Love Again~」と、7位のYen Town Band「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」の邦楽が、初の年間ランキング10位以内にランクインしました。妖怪ジャミロクワイが、本領を発揮し、「Virtual Insanity」が、レギュラーチャート10週連続1位を記録しましたが、登場が遅い月であったため、年間ランキングでは8位と奮いませんでした。しかし、30年間ランキングでは、28位にランクインしました。

kat
前年度1位のDiana Kingの「Shy Guy」を、更に上回ったのが、30年間ランキング1位のEric Claptonの「Change The World」でした。レギュラーチャートの初登場は、1996年7月16日で、翌年の7月6日まで、約1年間、レギュラーチャート100位内にランクインし続けました。不思議なことにこの曲は、レギュラーチャートでは、1位になリませんでした。

1996年のチャート

1997年

No.1 アーティストNo.1 Song30年間ランキング
JamiroquaiCosmic Girlランク外

(コメント)
とうとう妖怪ジャミロクワイが、「Cosmic Girl」で、初の年間ランキング1位になりました。昨年の「Virtual Insanity」と入れ替わりに、レギュラーチャートでは、1月1週目から6週連続1位を記録しました。年間ランキング2位は、一発屋のイメージが強い3兄弟Hamsonの「Mmm Bop」が、3位にMariah Careyの「Honey」、6位にJanet Jackson「Got ’Til It’s Gone」がランクインしました。そして昨年の年間ランキング1位のEric Claptonの「Change The World」が、5位にランクインしました。8位には、Policeの「見つめていたい」をサンプリングしたPuff Daddy & Faith Eavans Feat 112の「I’ll Be Missing You」が、入っています。

kat
この年も「Change The World」ネタを一つ紹介します。Eric Claptonの「Change The World」が、レギュラーチャート100位から消えたと思ったら、この年のレギュラーチャート12月3週目・4週目に、Babyface Feat. Eric Claptonの「Change The World」が、1位になっています。J-waveは、「Change The World」が好きですね。

1997年のチャート

1988年から、1997年の10年分の年間ランキングを紹介しました。次回Part.2では、1998年〜2007年を紹介します。

関連記事

”J-wave Tokio Hot 100” 年間ランキング まとめ 1988年〜2021年5回に渡り、J-wave Tokio Hot 100 の33年間の年間ランキングの紹介・感想を記事にしてきましたので、ここに概要をまとめていきた[…]

>music 博物館

music 博物館

CTR IMG