EarFun Air Pro 3 実際に利用してみた感想・レビュー|1万円以下のおすすめイヤホン

EarFun Air Pro 3 実際に利用してみた感想・レビュー

最近はコロナが下火になり、外出する人が、多くなってきているのではないでしょうか。

音楽好きの人には、目的地に着くまで、素晴らしい音楽を聴きながら、良い時間を過ごしたいですよね。

そのためには、音楽を聞くためのイヤホンやヘッドホンが必要になります。

今回は、最近、私が購入したイヤホンで、おすすめの「EarFun Air Pro 3」を紹介したいと思います。

このイヤホンがあれば、外出が楽しくなり、長時間電車に乗っていても、楽しい時間を過ごせること請け合いです。

早速、「EarFun Air Pro 3」を、実際に利用してみた感想を、忖度なく、紹介していきたいと思います。

コスパの良いイヤホンを探している方や、おすすめのイヤホンを探している方に役立つ記事となっています。

「EarFun Air Pro 3」に惹かれた理由。

購入前に、「EarFun Air Pro 3」に惹かれた理由は、


 「VGP 2023金賞」という言葉が目についた。

 Amazonのレビューの評価が高かった。

 1万円以下と、値段が安い。

 ノイキャンが付いている。

でした。

素人丸出しですが、「VGP 2023金賞」というのが、一番魅力に感じました。

「VGP 2023金賞」が、何ものなのかは分からなかったのですが、「なんだかすごそー」というのが第一印象でした。

ちなみに、VGPというのは、「国内最大級を誇るオーディオビジュアルアワード」のことで、簡単に言うと、「オーディオビジュアル機器のおすすめの商品を、プロが選別して賞を与える」というものです。

確認したところ、「EarFun Air Pro 3」は、間違いなく、金賞を受賞していました。

「EarFun Air Pro 3」の外観

私は、Amazonで、「EarFun Air Pro 3」を購入しました。

送付されてきたAmazonの袋を開けると、以下の箱が出てきました。

その箱を開けてみると、真っ黒なケースと、真っ黒なイヤピースが、入っていました。

箱から取り出してみると、ケース、イヤピース、USB-Cケーブル、取扱説明書が出てきました。

ケースは小さく、充電機能を備えていました。

ケースには、充電用のUSB-Cケーブルの接続口が付いています。

イヤホンは、以下のような感じです。

「EarFun Air Pro 3」のセールス・ポイント

「EarFun Air Pro 3」のサイトで紹介されているセールス・ポイントです。

私が「EarFun Air Pro 3」を利用してみて、一番優れていると感じたのは、音質の良さになります。

ハイレゾ相当(24bit/96kHz)の再生に対応する高音質コーデックaptX Adaptiveに対応していることと、

振動版にウール複合材を採用した11mmのダイナミックドライバーを搭載してること

を謳い文句にしているだけに、音質の良さには、素晴らしいものがあります。

更に、凄いことは、「EarFun Air Pro 3」の専用アプリがあり、そのアプリをインストールすれば、エコライザーで、音質を自分好みに調整ができることです。

デフォルトの音質は、低音が強い印象を持ちますが、エコライザーで低音を抑えることが可能です。

ここまでの機能を備えていて、1万円以下で購入できることが驚きであり、コスパの良さを感じます。

【アプリのエコライザー】

各音楽ジャンルを聴いてみた評価

「EarFun Air Pro 3」で、色々なジャンルの音楽を聞いてみた評価です。

「EarFun Air Pro 3」は、低音が効きすぎているため、エコライザーで、高音を強調させて聞いています。

一番、「EarFun Air Pro 3」に適していると感じたジャンルは、ロック、ヘビー・メタル、テクノ、映画音楽でした。

全体的に、高音が少なく、低音が効いている音楽の評価が高くなりました。

ただし、高音が多いクラシックやポップスであっても、アプリのエコライザーで、低音を抑え、高音を強調させることができますので、問題なく、聞くことができます。

以下が評価結果です。

* 各ジャンルで評価したアルバムは、そのジャンルに適したアルバムを選択していますが、アルバムによっては、評価が変わるかと思いますので、参考程度にしてみてください。

ジャンル評価アルバム評価
ロックドナルド・フェイゲン「The Nightfly」 4.2
ヘビー・メタルジューダス・プリースト「Paintkiller」 4.8
ハード・ロックレッド・ツェッペリン「Ⅳ」 3.8
ポップスサザンオールスターズ「人気者で行こう」 3.0
テクノYMO「Solid State Survivor」 4.0
ソウルマーヴィン・ゲイ「What’s Going On」 3.5
ヒップホップカニエ・ウェスト「My Beautiful Dark Twisted Fantasy」 3.2
ジャズマイルス・デイヴィス「Kind of Blue」 3.0
映画音楽Various Artists「懐かしの映画音楽ベスト」 4.0
クラシック辻井伸行 & 佐藤裕「ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番」 3.2
「アプリのエコライザー」があるから、どのジャンルでも最適ね。

ノイキャンの評価

「EarFun Air Pro 3」のノイキャンは、「業界トップクラスのANC-43dbノイズを低減」と謳われています。

実際にどの程度、ノイキャンが働くのか体感してみました。

家の中では、ほぼ外部の音を遮断することができます。

静かに睡眠をしたい人には、音楽をかけずに、ノイキャンだけセットして、寝るのにも最適です。

道路では、車の音が多少入りますが、小さな音の車であれば、ほぼ遮断できます。

電車の中では、半分くらいの音は遮断できているのではないかと感じます。

どの場面においても、ノイキャンを利用するのと利用しないのとでは、明らかに違うことが分かります。

尚、「EarFun Air Pro 3」には、周囲の音を聞き取りやすくする機能(アンビエントサウンドモード)も付いています。

「ノイキャン」、「アンビエントサウンドモード」の切り替えは、アプリを利用するか、イヤホンをタップ&ホールド することでできます。

【アプリでの切り替え】

ノイキャンが優れていると、聴き慣れた音楽でも、今まで気づかなかった音を発見できますね。

便利なマルチポイント接続

最近は、多種のデバイスが発売されており、複数のデバイスとイヤホンを接続することがあるかと思います。

その場合に、便利なのが、複数のデバイスを接続できるマルチポイント機能です。

「EarFun Air Pro 3」では、2台の同時接続が可能となっています。

2台の同時接続を行うと、音楽を再生するデバイスに自動的に切り替えてくれます。

マルチポイント接続は、1回接続していまえば、後は自動的に接続をしてくれます。

以下がマルチポイント接続の手順です。

Step1: 1台目のデバイスとBluetooth接続を行います。

Step2: ケースボタンを長押しします。

Step3: 2台目のデバイス(以下は、iPadを利用した例です)とBluetooth接続を行います。
2台目が接続されると、1台目のBluetooth接続は切断されます。

Step4: 1台目のデバイスと、再度、Bluetooth接続を行います。

以上で、マルチポイント接続が完了します。

接続方法も簡単ですね。

「EarFun Air Pro 3」を実際に使用してみた感想

「EarFun Air Pro 3」を購入する前は、10年ほど前に買った有線のイヤホンを使っていました。

そのイヤホンが、壊れてしまったために、今回、「EarFun Air Pro 3」を購入しました。

まず、一通り、使用してみた感想は、


 音質が素晴らしい。

 アプリで、エコライザーやノイキャンの操作ができることに感動。

 ノイキャンをセットした後の静けさに技術の進歩を実感。

 イヤホンのケースで、イヤホンを充電できることに、これまた、技術の進歩を実感。

でした。

今まで、利用していたイヤホンが古く、音質も悪かったため、その分、「EarFun Air Pro 3」の音質の素晴らしさには、驚かされました。

高額のイヤホンやヘッドホンを利用していた人が、「EarFun Air Pro 3」に切り替えた場合は、不満に感じるのかもしれませんが、イヤホンの初心者や、安いイヤホンしか利用したことがない人には、この音質に感動できるかと思います。

悪い点は、ほとんどないのですが、

 イヤホン、ケースが小さいので、どこかで失くしてしまわないか心配。

 イヤホンの「タッチ操作ゾン」を誤ってタッチし、誤操作してしまう。

ぐらいです。

「タッチ操作ゾン」とは、音楽の「再生」、「一時停止」、「次の曲」、「前の曲」などを操作できるタッチゾーンが、イヤホンに付いており、それが以下写真の赤いところにあります。

耳にイヤホンを装着するときに、このタッチゾーンを触ってしまい、予期せぬ操作がされてしまうことがありますので、ここは注意が必要です。

「EarFun Air Pro 3」の口コミ・評判

私1人だけの評価だと、客観性に欠けるかと思いますので、インターネットで調べてみた口コミや評判を集めてみました。

悪い口コミ・評判

まずは、悪い口コミです。

悪い口コミ1

参照元:Amazon
稀に取り出した際にコネクトと言ってくれてるのに繋がっておらず、再度ケースに入れ直さないといけない症状が発生します。


個人的な見解
「EarFun Air Pro 3」を使用し始めて、1ケ月経ちますが、Bluetoothとの接続が悪いと感じたことはありません。

まれに、電車の中で音が一瞬途切れることはありますが、あまり気にならないレベルです。

商品によって当たり外れがあるのかもしれませんが、もし、ハズレの商品に当たってしまったとしても、18ケ月保証がついているため、安心です。

不具合が発生した場合は、公式サイトでの保証リクエストがあります。

18ケ月保証が付いているから安心ね。
悪い口コミ2

参照元:Amazon
ノイズキャンセリングをONにすると低音が強くなり過ぎる。アップデートで少し改善されたがまだ強い。例えるなら大きくて重い(ドン)角張った(シャリ)岩を耳の中に投げつけられてるようだ。低音も高音も「ガンガン」当たってくる感じがだめだった。


個人的な見解
 「EarFun Air Pro 3」は、低音が効きすぎているというのは事実ですが、エコライザーで、ある程度、低音を抑えることが可能です。

音質の良し悪しは、個人によるところが大きく、高額なヘッドホンやイヤホンに慣れている人には、物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、1万円以下のイヤホンであることを考慮すると、かなり良質な音質で、コスパの高いイヤホンだと感じています。

良い口コミ・評判

次に、良い口コミです。

良い口コミ1

参照元:価格.com
ノイズキャンセリングや外音取り込みについては、価格からしたら十分満足です。音質はデフォルトでは低音が強すぎですが、アプリからイコライザで調整できます。また、ボタン操作のカスタマイズも自由度が高いのでイイですね。マルチポイントでスマホとPCで同時に使えるのも楽です。


個人的な見解
このコメントに、「EarFun Air Pro 3」の全てが、凝縮されていますね。

1万円以下のイヤホンで、ここまでの音質、機能を持っていることが、好感度の高い要因です。

「EarFun Air Pro 3」は、コスパが最高のイヤホンです。

1万円以下のイヤホンでは、ピカイチの製品ですね。
良い口コミ2

参照元:楽天
夫のプレゼントに買いました。音質、ノイズキャンセリング、フィット感等とても良いそうで、とても気に入っています。


個人的な見解
音楽好きの家族や親友へのプレゼントには、コスト的にも、最適な製品ですね。

プレゼントをあげた人に、きっと、気に入ってもらえると思いますので、プレゼントとしても、おすすめの製品です。

各ショッピングサイトの評価は、以下の通りでした。(2023年4月時点)

Amazon 評価: 573件の評価で、4.3点
楽天 評価: 6件の評価で、4.83点
価格.com 評価: 8件の評価で、3.98点

どのショッピングサイトでも高評価ね。

まとめ

「EarFun Air Pro 3」を購入してから、毎日、電車に乗ることが楽しみになりました。

外出中に、良い音楽を、良い音で楽しむことができると、気分が爽快になりますね。

安く、音質の良いイヤホンをお探しの方には、「EarFun Air Pro 3」は、おすすめできるイヤホンですので、上記の記事を参考に、購入を検討いただければと思います。

きっと購入して良かったと思える、そんなイヤホンです。

>music 博物館

music 博物館

CTR IMG